住宅ローンの種類

住宅ローンは、大きく分けて下記の3つの金利タイプに分類されます。住宅ローンを選ぶ際には、自分と家族のライフスタイルに合わせて選択するのが最大のポイントです。3つの分類された住宅ローンの特徴を、簡単にまとめてみました。

ローン金利

 

 

全期間固定
特徴完済(最終回返済)までの金利が決定している

フラット35など

メリット ・借り入れ時に返済額が確定するため計画が立てやすい。・低金利時に借りた場合、将来にわたってその恩恵が受けられる。
デメリット ・高金利時に借りると、将来的に金利が低下した場合の恩恵を受けられない。

 

 

固定金利期間選択型特徴当初一定期間は、借入時の金利で固定されている

民間金融機関が多く取り扱っている

メリット ・当初の固定金利期間の返済は確定する。・将来的に金利が低下した場合には、返済額が減少する。
デメリット ・固定金利期間終了後の返済額が不明。・将来的に金利が上昇した場合には、返済額が増大する。

 

 

 

 

変動金利型特徴金融情勢の変化に伴って定期的に金利が変動する。

民間金融機関が多く取り扱っている

メリット ・低金利時には、さしあたっての返済額が少ない。・将来的に金利が上昇した場合には、返済額が増大する。
デメリット ・将来的な返済額が不明。・将来的に金利が上昇した場合には、返済額が増大する。・金利が上昇した場合には、未払い利息が発生する場合もある。
ココ住むブログ 住宅ローン攻略ナビ LINE 不動産売却 不動産売却 保留地購入 保留地購入      保留地購入 DIY住宅 FACEBOOK

お気軽にお問合せ下さい

住まいづくり・リフォームに関する相談・お見積りなどお気軽にお問合せ下さい。

メールでの問い合わせはこちら